子供に持病

学資保険は月々いくらぐらいかかるもの?

学資保険についてまずは気になるのは、やはり保険料ではないでしょうか。
月々払っていく場合、やはり家計の負担になることは避けたいのが本音でしょう。
では学資保険の保険料は、一般的にどれくらいなのでしょうか。

保険料の相場は、保障の内容や用意したい満期額資金の金額によって大きく異なってきます。
そのため一概にいくら、とは言いにくいものですが、1万から3万ぐらいの幅で設定しておく方が多いのです。
この金額なら負担感も少なく、かつ満期までの間コツコツ支払っていくと大きな金額の学資金に積み立てることが可能です。

各保険会社もこの保険料内でカバー内容を充実させています。
貯蓄性を高めたい場合は貯金の意味も込めて保険料を増額させるのも方法ですし、保障内容をほかの加入している生命保険などで補う場合、保障内容を削って保険料を下げるのも一つの方法です。
毎月払っていくものですから、家計を圧迫しては負担感が強くなりますが、貯蓄性も学資保険の魅力の一つですから、加入するときに将来いくら学資金として用意したいかなど、加入時に検討しておくといいでしょう。
この時、保険料だけを気にするのではなく、家族に対して欲しい保障内容には保険料を払って安心感を得るのもよい方法です。

このページの先頭へ