子供に持病

貯金をするより学資保険の方が良いのか

学資保険を検討されている場合、多くの方はやはり子どものための資金を準備しておきたい、という理由からではないでしょうか。
では、資金を将来に向けて準備する場合、貯金と学資保険のどちらが良いのでしょうか。
学資保険は途中で解約すると、解約返戻金は戻りますが、支払ってきた保険料に比べると目減りする可能性があります。

一方貯金の場合、目減りはしません。
しかし、現在貯金の金利はどの金融機関も低金利のため、長期間を見通すと学資保険の利率のほうが有利となります。
資産を運用していく、と考えると学資保険のほうが有利です。

また、貯金には医療保障などの特約を選択することはできませんが、学資保険の場合は保障を特約で付帯することができ、子どものけがや入院もカバーが可能です。
ただし、貯金のように必要に応じてお金を出し入れすることはできません。
学資保険、貯金の双方にメリット・デメリットがあるため、どちらが自分に向いているか考えてみましょう。

長期的視点で子どものために資金を増やしていく場合は、学資保険を選択したほうが有利になるでしょう。
また、意外と知らない方も多いのですが学資保険は生命保険と同様に年末控除が可能です。貯金には控除はありませんので、税金の控除の視点で見る場合も学資保険が有利でしょう。

このページの先頭へ