子供に持病

学資保険の種類と保障内容

学資保険には大きく分けて2つのタイプがあります。
「貯蓄型」と「保障型」です。とはいっても、各保険会社ともに工夫をした学資保険を販売しており、その種類は多岐にわたっています。
学資保険は一般的に、契約者である親に万が一のことが起きた場合は、それ以後の保険料の支払いは不要になることが大半です。

その中でも、3大疾病であるガン・急性心筋梗塞・脳卒中に患った場合でも保険料が免除になるなどの保険種類もあります。
その他満期学資金までの道のりの間、祝い金という形でお子さんの成長にあわせてお金を受け取れるタイプもありますし、大きなお金が必要となる大学進学時まで貯蓄を重ね、高い利率を維持するタイプもあります。
その他にも、5年後となどの区切りで配当金の返戻がある保険や育英資金の要素が充実している学資保険もあり、子供の成長にお金が必要になったときに、保険のお金がある安心感が得られる商品もあります。
学資保険はこのように大きく「貯蓄型」・「保障型」の2つのタイプに分けても、保険の中身を確認していくと、魅力的な内容がたくさん各社用意しているので、貯蓄型・保障型の確認はもちろんですが、各社の特約や補償範囲など資料http://www.md-mba.org/Package.htmlを見比べると良いでしょう。

このページの先頭へ