子供に持病

学資保険のメリットとデメリット

魅力的な要素がたくさんある学資保険ですが、学資保険にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
まずはメリットから考えてみましょう。
学資保険のメリットは貯蓄性と拘束性です。

学資保険は高い利率で貯蓄していけるため、ただ普通に貯金を重ねていくよりもお得に資産運用が可能です。
祝い金など子どもにお金が要る時期に、まとまったお金が支払われるメリットもあります。
また、学資保険は貯金とは異なり、生命保険です。

保健ですから、安易にお金の出し入れができません。
保険料を地道に払っていくため、子どものための学資金という意識を持って、長い期間資産運用をしていくことができるでしょう。
では、デメリットは何でしょうか。

貯蓄性を考えずに特約ばかりを増やしてしまったり、途中で解約したりなど、保険の特性を考えずに加入してしまうと元本割れの可能性があります。
元本割れになってしまうと、貯金していたほうがよかった、という事態を招いてしまうのです。
本当に学資金が必要になったときに、元本が割れていて資金が足りないということになっては後の祭りになってしまいます。
そのため、加入時に解約にはリスクがあることや元本割れしないような特約付帯を考えて加入しましょう。

このページの先頭へ