子供に持病

学資保険は子供の名前で加入するもの?

学資保険はどのように契約するものでしょうか。
学資保険はその名の通り、親が子どものために学資金を保険契約を通して積立する生命保険です。
そのため、加入するときは契約者が親、そして被保険者が子どもという内容の保険になります。

契約者は、年齢制限内ならお孫さんのために祖父母のどちらかが契約者になっている場合もあるでしょう。
ただし、契約者の年齢が学資保険商品によっては審査対象になっていることを忘れてはいけません。
祖父母の年齢を考えた場合、いざ審査を行ってみると契約者になれない商品もあります。

契約者は子どもの父親もしくは母親を選択することが一般的には多いでしょう。契約者に万が一のことが起きた場合、保険料の支払いが免除になりますが、
大黒柱を失ったとき、というケースを想定する方が多いので、父親が学資保険の契約者になることが多いのです。
大黒柱を失って保険料の支払いができない、というトラブルを招いてしまうこともあるので、収入が多いほうが保険の契約者になるという選択をしておくと無難でしょう。

ただし、契約者の年齢も保険加入時の審査対象となります。
ご年齢が離れたご夫婦同士の場合、年齢が若い方が契約者になるほうが月々の保険料が安くなる可能性もあります。
どちらが契約者になるかも十分考慮してから加入をしましょう。

このページの先頭へ