子供に持病

学資保険の加入には審査があるのか

学資保険は、生命保険の一種類です。
そのため、一般的な生命保険に加入するときと同じように、加入審査が発生します。
ではその審査とはどのようなものでしょうか。

生命保険に加入時も記入が必要な告知書というものが、学資保険にも必要になります。
告知書には、契約者である親と被保険者になる子どもの病歴や健康状態を告知することになります。
ここで、意図的に病歴などを隠すことは厳禁です。

また場合によっては、告知書に書いた内容で加入審査に引っかかることもあります。
保険会社側が設定した病名によっては加入を断られることになります。
適正に答えて審査をしてもらうことが大切ですし、加入時に告知に不安がある方はプランナーなどにあらかじめ相談しておくとよいでしょう。

その他に年齢なども審査に必要になります。
年齢も、親・子どもともに確認されることになります。
学資保険は低年齢の子どもほど保険料が安くなる設定なので、加入を検討し、加入意思がある場合早めに加入することがおすすめです。

その他加入の審査時には申込書、そして意向確認書が必要となります。
この3つの書類を総合して保険会社の審査が行われます。
書類を書くことなどに不安があるかもしれませんが、加入時にはプランナーや保険代理店などを通して、学資保険の書類や審査についてきちんと説明してもらえます。

このページの先頭へ