子供に持病

学資保険は二人目の子供から割引制度などはある?

お子さんが増えてくると、それだけ用意する学資金も増えていきます。
すでに学資保険に加入している場合、また新たに加入するとなると保険料も増えていくことにあるので、2人目は学資保険に加入をためらうという声も耳にします。
お子さんそれぞれに学資保険を掛けていることで、それぞれの子どものための貯蓄も二重になるので不便に感じる人も増えるようです。

教育費の管理を個別に行う大変さを考えると、学資保険のみに貯蓄方法を絞って貯蓄管理を行う方法は、長期間管理する際も明快でオススメです。
同じ保険会社の学資保険に加入すると、2人目以降は兄弟割引という面白い割引がある保険もあります。
各保険会社の学資保険は利率が変わっているので、2人目以降も同じ商品に加入するとお得とも限りません。

景気の回復などで2人目以降により、魅力的な学資保険が販売されている可能性もあるので、そうした時は別の商品や別の保険会社に加入すると良いでしょう。
利率に変化があまりない場合、こうした兄弟割引がある商品に加入すると、保険料を割安に抑えることが可能でしょう。
また、同じ保険会社に加入を依頼する場合、すでに担当してもらっている保険会社のプランナーに依頼することができるので、安心感も得られることでしょう。

このページの先頭へ