子供に持病

より保障の高い学資保険は?

お子さんが生まれて学資保険を検討し始めた場合、どんなタイプの学資保険がピッタリくるか、はなかなか独学ではわかりにくいものなので、悩む人が多いようです。
そこで、学資保険には2つの大きなタイプがあると知っておくと良いでしょう。
多くの学資保険は一番進学に、多額の費用がかかる高校卒業の18歳を目安に満期が設定されており、このときに満期学資金が支払われます。

この満期に合わせて2種類の保険タイプに分かれます。
一つは貯蓄型、もう一つは保障型です。
学資保険の中には、貯蓄型として毎月の保険料として払い込んだ金額よりも大きな満期金額が戻ってくるものがあります。

これは学資金の保障がより大きくなるタイプです。
そのかわり、医療保障や死亡保障などが低く設定されているか、付帯なしなどの設定になります。
貯蓄の保障を大きくすると医療分野は低くなるのです。

シンプルな保障内容に絞って、学資金を中心に貯めることになります。
一方の保障型の学資保険は子どもの入院保障など付帯し、子どもの頃にありがちな入院やケガをカバーできます。
医療分野の保障がより大きいかわりに、貯蓄性は低くなります。
どちらか一方の保障をより大きくすると、どちらかは低くなるので、貯蓄型か保障型かじっくり選びましょう
その際に学資保険はどんなとき控除されるのかも知っておきましょう。

このページの先頭へ