子供に持病

学資保険の必要性は?

多くの方が学資保険に加入する一方で、学資保険を解約する方もいらっしゃいます。
では、学資保険の必要性とはいったいどのようなものでしょうか。
子どものための学資金は時々メディアでも発表されていますが、とても大きな金額です。

地方でしたら一軒のお家が余裕で建てられてしまう金額が、子どもの進学には必要になります。
学資保険はこの資金の土台を貯められる、貯蓄性の高さが魅力的です。
学資保険はなかなか解約を踏み切るには勇気がいるものですから、一度加入すると、最後まで貯蓄していくことができるため、子どもの将来に資金を残すことができます。

学資保険は利率も高く、こうした部分から子どものために必要ではないでしょうか。
しかし、元々安定的に子どものための学資金を、余裕で準備できる場合はこの限りではありません。
保険として運用するより株など、投機的色合いが強い運用で学資金を準備したい場合も同じです。

学資保険は株などよりは投機性も低いためです。
保険商品は安全性も高く、保険という暮らしを守る要素もあります。
解約は元本割れのリスクも高いですが、少しの保険料でも子供の成長を楽しみながら貯蓄していくことができるので、学資保険は必要性が高く、あると良い家族のパートナーでしょう。

このページの先頭へ