子供に持病

外資系の学資保険とそれ以外どちらが良い?

日本における保険商品は、どのような会社が販売しているのでしょうか。
保険商品は誰でも販売できるものではなく、金融庁の規制のもとで販売されています。
保険商品を開発し販売しているのは保険会社です。

国内生命保険会社に加え、近年は外資系の保険会社も人気が高まっています。
外資系の保険会社の人気の背景には、高配当や高利率という魅力的な商品があるというところでしょう。
ただ、近年は国内生保でも高利率の魅力的な学資保険が開発されています。

その点では、外資系の学資保険も国内生保の学資保険も細かい差異はあるものの、どちらかが群を抜いて一人勝ちしている内容ではありません。
外資系も国内生保も契約内容は詳しく見れば双方ともにメリット・デメリットは存在します。
例えば国内生保で外資系よりも利率が低いものは、特約内容が充実していたり家までプランナーが足を運んで相談に乗ってくれたりなど充実した保険内容である場合があります。

一方特約などを省き、貯蓄性にこだわった内容の外資系生保の学資保険は利率が高いのです。
外資系と同等程度の利率を出している国内生保もありますので、外資系か国内生保かというよりは保険商品で選択するほうが契約者にとってわかりやすいでしょう。

http://www.celtravels.com/07.htmlには、テレビCМなどで見かける機会の多いアフラックやフコク生命、ソニー生命について詳しく解説されています。
有名な保険会社で多くの方が加入しているようなので、どのような保険内容なので是非一度ご覧ください。

このページの先頭へ