子供に持病

学資保険はどの様な時期にどのぐらいのお金が支払われる?

学資保険は、いつどのような形で、どれぐらいのお金が支払われるでしょうか。
支払われる時期によっては子どものために使うこともできるので、学資保険を検討しているとき、気になる項目です。
学資保険の基本は、満期になったら満期保険金を受け取るタイプです。

この最もシンプルなタイプですと、満期時のみにお金が支払われます。
満期時のみに支払われるタイプは、利率も大きく、各保険会社のパンフレットでは200~300万が目安です。
この場合、月々1万円程度の保険料支払いとなる見込みでしょう。

保険料を増額すると、満期時の返戻金も大きくなります。
更に、ポピュラーな学資保険としては満期保険金に加え、祝い金がついたタイプです。
祝い金付きのシンプルな学資保険は、小学校・中学校・高校の入学時に、30万、40万などのまとまったお金が支払われます。

これは子どもの進学のためにまとまったお金を貯蓄しなくても祝い金を入学資金に充てることができるので大変便利です。
祝い金があるタイプでも返戻率が110%を超えているような商品もありますが、祝い金ありで医療保障付帯などの場合、返戻率が元本割れすることもあるので確認の上加入しましょう。
また、祝金の回数が多くなると返戻率が下がりますので、祝い金を据え置きにして返戻率を上げる方法もあります。

このページの先頭へ